予防薬による薬物療法

頭痛により予防薬も異なります

頭痛でお悩みの方にとって、予防薬は非常に有用です。しかし、1年に1回しか頭痛の発作を起こさない人が365日薬を飲み続けるのはナンセンスです。 また、予防薬の種類や飲み方は頭痛の種類によって異なるため、医師の指示に従って使用することが大切です。

たとえば片頭痛の場合、発作がよく起こる(月2回以上)場合には予防薬の使用を検討したほうが良いでしょう。頻繁に頭痛が起こると感じている方は、病院に行ってみましょう。 予防薬の使用を検討する際には、頭痛の程度・職業・ライフスタイル・本人の希望などを踏まえて医師と相談することが大切です。

予防薬の飲み方

予防薬は、基本的に毎日飲むことが必要です。1日2回・朝晩のみ続けると、早い人で2週間後くらいから効果が現れはじめ、 症状が軽くなったり発作の回数が減ったりします(大部分の人は4週目くらいから効果が現れます)。

効果のあるなしを判定するには2ヶ月くらいの期間が必要になります。即効性があるわけではないので、効かないと思っても2ヶ月くらいは飲み続けてください。

予防的対策TOPへ戻る

このページのトップへ

頭痛の原因と対策
頭痛の診療科って?
頭痛外来とは
頭痛外来を受診するためのSTEPについて、ご紹介していきます。
患者様からいただく
よくあるご質問
頭痛についてよく患者様から質問される内容をFAQ形式でまとめました。
ダウンロード
頭痛ダイアリー
具体的な症状を先生に伝える事をアシストするツールです。