診療科のご案内

神経内科

神経内科は脳や脊髄、末梢神経、筋肉の病気をみる内科です。体を動かす(運動機能)、感じる(感覚機能)、 考えたり覚えたりする(認識機能・高次機能)ことが上手にできなくなったときには、神経内科の病気を疑います。

症状としては

  • しびれやめまい
  • うまく力がはいらない
  • 歩きにくい
  • ふらつく
  • つっぱる
  • ひきつけ
  • むせ
  • しゃべりにくい
  • ものが二重にみえる
  • 頭痛
  • かってに手足や体が動いてしまう
  • ものわすれ
  • 意識障害

などたくさんあります。

まず、全身をみれる神経内科でどこの病気であるかを見極めることが大切です。

脳神経外科

脳神経外科とは脳、脊髄、末梢神経系およびその付属器官(血管、骨、筋肉など)を含めた神経系全般の疾患のなかで主に外科的治療の対象となりうる疾患について診断、治療を行う診療科です。 脳神経外科的治療の対象になるか否かは、時代により変化しています。したがって、対象疾患として扱う病気は必ずしも固定されたものではありません。 従来外科的治療がなされてきた疾患が医学の進歩のなかで手術を行わずに治療できるようになったものもありますが、 かつて治療の対象にならなかった疾患や病態が手術によって治療できるようになったものもあり、治療対象疾患は確実に増えているといえます。

ペインクリニック

おもに神経ブロック法を用いて、主として「痛み」の診断と治療を行う診療科です。治療には神経ブロックのほか、薬物療法、漢方、鍼灸、理学療法、温泉療法、心理療法、なども行います。 担当する診療科は、麻酔科医が中心となって整形外科 脳神経外科 神経内科 精神科なども協力して、総合的に医学的な観点から「痛み」の治療を行います。

頭痛に悩まされている方は、一度、これらの診療科を訪問し、ご自身の頭痛について、医師にご相談する事をお勧めします。今、医療現場では、頭痛はコントロール出来る疾患となっています。

→頭痛外来で診てもらえる症状についてはこちら

このページのトップへ

頭痛お役立ち情報
頭痛の診療科って?
頭痛外来とは
頭痛外来を受診するためのSTEPについて、ご紹介していきます。
患者様からいただく
よくあるご質問
頭痛についてよく患者様から質問される内容をFAQ形式でまとめました。
ダウンロード
頭痛ダイアリー
具体的な症状を先生に伝える事をアシストするツールです。