頭痛専門医からのメッセージ

神奈川歯科大学附属横浜クリニック 内科学 教授 五十嵐 久佳 先生

神奈川歯科大学附属横浜クリニック 内科学
教授 五十嵐 久佳 先生

慢性頭痛攻略法の第一歩は、敵を知り(どのような頭痛か)、己を知る(どういうときに頭痛が起こるか)ことです。ご自分の頭痛を観察してみてください。

頭痛は受診する事で良くなるのでしょうか?

頭痛の原因は様々で、中には命に関わる病気もあります.受診のメリットはあなたを悩ませる頭痛の正体を見極め、適切な治療を受けることにあります 頭痛の原因にもよりますが、的確な診断と治療・アドバイスをお受けになることで、多くの患者さんの症状が軽減します。 現時点では片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などの一次性頭痛は「こうすれば一生、頭痛は起こらない」という治療法はありませんが、発作回数を減らしたり、 痛みを軽くすることで、日常生活への支障がずっと少なくなるのです。これはgood newsではありませんか?

頭痛診療の流れはどのような流れになりますか?

患者さんにはまず、診療当日には頭痛の問診票を記載していただきます。このことによって、ご自分の頭痛を医師に伝えやすくなり、医師は患者さんの情報を把握しやすくなります。 診察室では医師が詳しくお話をお聞きし、診察を行います。診断がつけば、どのような頭痛かを説明し、今後の治療方針についてお話します。また必要があれば、CTやMRI、血液検査などを行います。

これから受診される方に、アドバイスをお願いします。

もしあなたが頭痛で困っていらしたら、また少しでも不安を感じていたら、あなたのお住まいの近くの頭痛診療に取り組む医師を探してください。 かかりつけの先生に紹介していただいてもよいでしょう。ホームページなどで頭痛の問診票や頭痛ダイアリーを印刷し、記載して持ってきてくださると、診断に役立ちます。 一人でも多くの方が笑顔になられたらいいなと思います。

このページのトップへ

頭痛お役立ち情報
頭痛の診療科って?
頭痛外来とは
頭痛外来を受診するためのSTEPについて、ご紹介していきます。
患者様からいただく
よくあるご質問
頭痛についてよく患者様から質問される内容をFAQ形式でまとめました。
ダウンロード
頭痛ダイアリー
具体的な症状を先生に伝える事をアシストするツールです。