頭痛専門医からのメッセージ

東京女子医科大学脳神経センター 頭痛外来 客員教授 清水 俊彦 先生

東京女子医科大学脳神経センター 頭痛外来
客員教授 清水 俊彦 先生

片頭痛治療の真の意義は痛みをとることのみではなく、将来起こるかも知れない生命予後に支障をきたす因子をも同時治療することにあるでしょう。

頭痛は受診する事で良くなるのでしょうか?

単に頭痛といっても、多くの種類があり、中には放って置くと生命に支障をきたす脳内に原因を持つ二次性頭痛も含まれていることもあります。 従って自己判断による市販の頭痛薬の服用は見かけの痛みをごまかしているのみで根本的な治療になっているとはいえず、逆に頭痛が悪化する薬物乱用頭痛に陥ることもままならずあります。 的確な診断と適切な治療なくして、頭痛が改善することはありえません。一度は受診し、自分の頭痛の種類を知っておくことが必要でしょう。

頭痛診療の流れはどのような流れになりますか?

受診後、頭痛の経過について詳細に問診を行い、命に別状のない一次性頭痛であることを確定するために必要に応じて頭部CTもしくはMRIなどの画像診断を行います。 その後頭痛の増悪因子である甲状腺疾患などを精査するために血液検査を行います。最終的には受診当日にある程度の診断が確定し、即日頭痛に対する治療を開始いたします。 二次性頭痛に関しては各分野の専門の先生と共同して治療してゆきます。

これから受診される方に、アドバイスをお願いします。

頭痛の中には生命予後に支障をきたす二次性頭痛が潜んでいることもあります。まずはご自分の頭痛がどんな頭痛なのか知ることが最も重要です。 生命に別状のない一次性頭痛の代表格とされている片頭痛ですら、痛みを放置することにより脳血管に微細な損傷が蓄積され将来、脳梗塞に陥るリスクが高いとされています。 片頭痛治療の真の意義は痛みをとることのみではなく、将来起こるかも知れない生命予後に支障をきたす因子をも同時治療することにあるでしょう。

このページのトップへ

頭痛お役立ち情報
頭痛の診療科って?
頭痛外来とは
頭痛外来を受診するためのSTEPについて、ご紹介していきます。
患者様からいただく
よくあるご質問
頭痛についてよく患者様から質問される内容をFAQ形式でまとめました。
ダウンロード
頭痛ダイアリー
具体的な症状を先生に伝える事をアシストするツールです。