その他の頭痛(注意すべき頭痛)

その他の頭痛を引き起こすメカニズム

病気の症状として発生する頭痛の中には命に関わるような危険な頭痛も存在します。これらの注意すべき頭痛について知っておくことも重要です。

その他の頭痛の原因となる病気

頭痛の原因となる病気のうち、特に危険なものとしては以下のような病気が挙げられます。

くも膜下出血

突然激しい頭痛が起こり、吐き気や嘔吐を伴います。

脳出血

手足のしびれ・意識障害・ろれつが回らなくなるといった症状を伴い、頭痛が徐々に強くなります。

脳腫瘍

頭痛の他に、嘔吐やけいれん・手足の麻痺・言語障害・視力の低下・視野が狭くなるといった症状が現れることが多く、脳に水がたまることもあります。

髄膜炎、脳炎

38度以上の熱が出て、うなじのあたりが硬くなったり、嘔吐がみられます。後頭部に強い痛みを感じることが多いという特徴もあります。また意識障害やけいれんを生じることもあります。

慢性硬膜下血腫

お年寄りに多いですが、若い人にも起こります。頭部の打撲がきっかけになることもあります。ぼけ症状や麻痺を伴います。

一次性頭痛(慢性頭痛)を持っている人の場合、二次性頭痛が発生しても「いつもの頭痛だ」と考えて放置してしまうケースがあります。 しかし、このようなケースの頭痛は、上記の通り命に関わる病気の症状として発生している場合もあるので、早めに医師に相談しましょう。

頭痛の原因TOPへ戻る

このページのトップへ

頭痛の原因と対策
頭痛の診療科って?
頭痛外来とは
頭痛外来を受診するためのSTEPについて、ご紹介していきます。
患者様からいただく
よくあるご質問
頭痛についてよく患者様から質問される内容をFAQ形式でまとめました。
ダウンロード
頭痛ダイアリー
具体的な症状を先生に伝える事をアシストするツールです。